HIROです。

活性酸素に対する水素の効果というのは最近ではよく知られてきていますね。

そのため、水素に関する商品はかず多く出回っています。

このブログでも以前、水素水を発生させる装置について紹介していました。

参考記事 活性酸素の害と水素の作用について

 

そしてつい最近、また新たな視点から商品が開発されたという情報が入ってきました。

それは今回ご紹介する、水素茶製造ボトル「還元くん3」です。

 

活性酸素について

活性酸素は、「活性」という言葉がつくことから、何となく良いイメージをしていませんか?

実は活性酸素というものは、呼吸などによって体内に入った酸素が変質したものです。

その変質した酸素である活性酸素の中でも、「ヒドロキシラジカル」というものはとても反応性が高く、周りにあるものをどんどん酸化させる作用を起こします。


酸化というのはつまりは「サビつき」と同じことがおきます。

体内のあらゆる細胞組織に侵入して機能を低下させたり細胞を破壊したりするので、シミやソバカスといった皮膚の症状のような表面的なものだけでなく、血管や腸のような内部にも影響を起こすため、次のような病気を起こす原因にもなっています。

 

  • アトピー
  • ガン
  • 心疾患
  • 脳卒中
  • 老化
  • 遺伝子異常

 

水素の効果について

このような体に害を及ぼす「悪玉」活性酸素ですが、その害を中和してくれる効果があるといわれるものに水素があります。

化学的な表現をすれば、水素は酸化したものを還元させる働きがあるといことなんですね。

つまり簡単に言えば、サビついたものを取り払ってくれるようなものです。

 

化学的な表現ではそれは事実ではあるのですが、ただそういった水素を商品として販売するのにはいろいろな試行錯誤があったようです。

なぜかといえば、水素分子そのものがとても小さいために、商品として製造しても「実際に口にする頃には水素が入っていない」ということがザラにあるからです。

 

ということなので、一番効率のいい水素の取り入れ方法は「水素を自分で発生させてその場で取り入れる」ことになります。

 

こちらの参考記事では、そのために水素水発生ボトルや水素ガス吸入ボトルを紹介しています。

参考記事 活性酸素の害と水素の作用について
それはそれでいいのですが、そこに今回、お茶の作用を加えたものがあらわれました。

 

水素茶製造ボトル「還元くん3」の概要

還元くん3
水素茶生成ボトル「還元くん3」

 

「還元くん3」は、お茶を利用して水素水と同じような状況を作り出すことができる陶器製のボトルです。

 

このボトルは、電解水方式で作る還元水や水素ガス混入の水素水等とは異なり、物質の持つ小さな振動の組み合わせから生まれるイオンや静電気を利用しています。

お茶をこのボトルの中に入れることでマイナスイオンが少しずつ出てきて、お茶の酸化還元電位が下がってきて同時に水素量も増えていきます。

このときの溶存水素量は平均して800〜1200ppbとなっています。

 

酸化還元電位というのは、その物質が他の物質を「酸化しやすい状態にするのか」または「還元しやすい状態にするのか」をあらわす目安のことをいいます。

この値がプラスで大きい数値ほど酸化力が強く(サビやすい)、マイナスが大きければ還元力が強いということになります。

 

つまり、酸化(サビる、くさる、老化する)したものを還元する(元に戻す)能力がわかるということですね。

 

ちなみに酸化還元電位の参考値として、雨水では「+700〜+1000mV」「水道水では+200〜+600mV」くらいなのに対し、「還元くん3」で作られたお茶の場合は、「−400〜−600mV」という数値になっています。

 

「還元くん3」で使うお茶はなんでもいいそうですが、オススメはやっぱり緑茶ですよね。

緑茶には、緑茶ポリフェノールとか茶カテキンとかと言われているように、高い抗酸化力が認められています。

緑茶と水素水が合体したら、かなりの効果が期待できると思いますよ。

 

 

「還元くん3」の使い方は次の通りです。

初めて使うとき

  1. 付属している起電シートをボトルに入れます
  2. 30度〜40度(冬は41度くらいがいいです)に温めたペットボトルのお茶を入れるか、お茶の葉を入れたパックを「還元くん3」に入れて先ほどの温度のお湯をボトルの口いっぱいまで入れます
  3. フタをしてそのままで24時間おいておきます

※起電シートを入れて1〜2週間入れっぱなしにした後、起電シートは処分します
※気温が15度よりも下がるときは48時間おいておきます

 

2回目以降

  • 夏場は6時間、冬場は12時間お茶を入れておいておきます
  • お好みのお茶を入れ、12時間保存すると、ボトル内のお茶の電位と水素量が一定の値を示し、還元水素茶が出来上がります
  • 12時間くらいが最も効果があるそうなので、1日24時間で2回還元水素茶をつくといいことになります
  • 完成した「還元水素茶」は、他の容器に移し替えて冷蔵庫で保管しますが、「還元くん3」のボトルは冷蔵庫に入れないようにしてください

 

お手入れ

  • 連続して「還元くん3」を使用するときは軽くすすぎます
  • 1週間に1〜2回くらいは、ボトル洗い用のブラシでブラッシングします

 

注意点

  • 陶器製ですので落とさないように気をつけてください
  • 熱湯は避けてください
  • 長期間(1ヶ月以上)還元くんを空の状態で放置すると一時的に還元くんの機能が低下します
    ただし、再度24時間お茶を入れておけば機能は回復します
  • 20度以下の環境になると、還元くんの機能が低下するので、直接冷蔵庫や寒い場所に置かないでください

 

 

販売サイトのご紹介

還元くん3【1本 定価:24000円(税別・送料別)】
還元くん3【1本】
還元くん3【2本セット 定価:48000円(税別・送料別)】
還元くん3【2本セット】

 

 

 

還元くん3【1本】 還元くん3【2本セット】
価格(税別・送料別) 24000円 48000円
販売サイト 還元くん3【1本】
還元くん3【2本セット】