HIROです。

あなたは体調が悪い時、薬を飲みますか?

その薬の副作用はちゃんと把握していますか?

今回は、知らないと怖い、薬の副作用について記事にします。

 

低用量ピル

薬の副作用について調べているうちに、とある記事が目にとまりました。

 医薬品医療機器総合機構(PMDA)は8月7日、月経困難症治療薬のヤーズ配合錠(ドロスピレノン・エチニルエストラジオール錠)服用による国内初の死亡例が報告された。。。

引用 m3.com 臨床ニュース https://www.m3.com/open/clinical/news/article/178196/

ある低用量ピルの服用により、若い女性が亡くなったそうです。

 

ちなみに現在は、その薬が飲みやすいバージョンとして復活しています。その注意事項にこんな記載があります。

 

これは、この特定のピルだけの副作用なのでしょうか?

他のピルには副作用はないのでしょうか?

そして、

このような副作用があることを、女性の皆さんはちゃんと理解した上で、低用量ピルを服用しているのでしょうか?

 

低用量ピルの仕組み

ピルというのは、経口避妊や月経コントロールという役割があります。

これは化学的に配合された女性ホルモンを服用することで、脳の認識をごまかし、さも月経中であるように認識させる作用を持っています。

結局は月経が起きない状態になり、目的を達成させるらしいです。

化学の力というのは素晴らしいですね〜

 

人間が本来持っている自然の営みを、コントロールしてしまうのですから。

しかもその目的のためには、命に関わる副作用すらあっても、発売に至ってしまうのが薬の不思議。

 

消炎鎮痛剤

現場でいろいろと痛みを抱える方々を相手にすることがあります。そういった方々がよく服用されているのが消炎鎮痛剤。

飲み薬、貼り薬、坐薬などいろんなタイプがありますよね。

 

代表的な消炎鎮痛剤の副作用にはこんなものがあります。

 

まれにおきる副作用に、

ショック

がありますよね。

 

痛みを止めたいだけなのに、まれに死に至るような副作用が起きるんですよね。

永遠に痛みが止まってしまいます。

 

不都合から逃げたい

人間の本能として、

嫌な事から逃げたい

というのがあります。

 

  • 望まない妊娠
  • 月経時の痛み
  • 仕事やスポーツ時の月経
  • 体の痛み

こういうのから逃げたいですよね。

ぼくも嫌です。

 

でもこれって、

ゴマカシ

ですよね?

根本からの解決なんて何にもしていないで、
問題を先送りしているだけですよね?

 

望まない妊娠を避けるためのアフターピルを服用する気持ちはわかります。
でもそれは、事件を除けばある程度予防できるはずです。

月経時の痛みがあるのは、何か体に異常が起きているからです。
それは日常生活での何かが関わっているはずです。
そこを解決しなければ、どんどん悪くなるでしょう。

仕事やスポーツに体を合わせるのではなく
体に仕事やスポーツを合わせる工夫はできないのか?

痛みは何かを知らせてくれている証拠です。
それをゴマカシても肝心なところは見つかりません。

 

副作用と根本解決

結局は、便利さを追い求めて、薬に頼っているのがほとんどなのではないでしょうか?

飲まなくてもいい薬はもっとあるのではないでしょうか?

副作用についてもっと知っていれば、安易に薬に頼るのではなく、生活を見直すことに目を向けるのではないかと考えています。

だからこそ、正確な情報が必要なんです。

薬の情報は、製薬会社が公表しています。それを読むだけでもある程度の判断ができるでしょう。

医師に聞けば、ちゃんと丁寧に答えてくれる医師も中にはいます。怒り出す医師もいますが。

 

背景には、医薬業界のビジネスがあることをちゃんと理解しましょう。

そういう目で見ると、いろいろなことがわかってきますよ。