現代の日本社会では、だれでも健康保険証というものを持っていてそれを病院窓口に提示すれば、かなり安く医療を受けられる制度があります。

ドクター

 

これを国民皆保険制度といいます。

 

成り立ちは大正時期まで溯るようですが、早い話が日本国民であれば、誰でもどこでも気軽に医療が受けられるように、公的な保険の仕組みをつくっている、ということになります。

 

国民皆保険制度の仕組み

たとえば、カゼをひいて病院を受診してカゼ薬をもらったら窓口で900円支払ったとします。

実はこの時、実際にかかった医療費と薬代は3000円だったりします。

しかし保険があるために自己負担は3割の900円だけですんで、残りの2100円は保険から支払われるのです。

 

この「保険」というのは、自営業者などが入る国民健康保険や会社員などが入る社会保険、公務員などが入る共済保険というような職業による分類がされています。

それらの分類によって掛け金、つまり保険料が違ってくるのが特徴です。

 

また、支給される保険料にもいろいろと違いがあります。

一昔前ならば、お年寄りの病院窓口負担ゼロにしていた時期もありました。

つまり支給額100%ということです。

いまは一部高齢者以外は、かかった医療費に対して3割を窓口で支払い、残り7割は保険が支給されるようになっていますよね。

まあ、一部高齢者は1割負担というようなこともありますが・・・

 

病院を頻繁に使う人たちからすれば、このような制度はとてもありがたいことです。

しかし逆に、このような制度が日本の財政を大きく圧迫していることも事実です。

 

そこで、国民皆保険制度のデメリットを挙げながら、廃止したらどうなるかという未来予想をしてみました。

 

 

国民皆保険制度のデメリット

国民皆保険制度にはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

ちょっと列挙してみましょう。

 

  • 高齢化に伴い医療費が上がってくるので財政を圧迫している
  • 少子化に伴い保険料を納める人間が少なくなっている
  • 経済の低迷に伴い保険料を納めることができなくなっている
  • 過疎地では保険を担当する自治体の財政基盤が弱い
  • 気軽に病院に行けるので健康への意識が低い
  • 自分の健康を病院まかせにしている

 

挙げればもっと出てきますが、この辺にしておきます。

 

実はこのデメリットは、僕の医療関係職としての経験から独自に感じたことを列挙したものです。

 

まず保険料というものはどこから出ているのか、財布の元を考える必要があります。

保険料は、保険金をかけている人、国の税金、地方自治体の税金から成り立っています。

保険をかけている人というのは、個人事業主ならその地域で決められた一定額(健康保険税)を払い、会社員なら雇われている事業主と半分ずつ支払い、というようにそれぞれ支払額が違ってきます。

どちらにしてもそれだけでは足りないので、あちこちからの税金が補てんされているという仕組みになっています。

 

 

つまり、先に挙げたデメリットのうち保険金の財政基盤に関しては、社会の経済事情と直結しているという部分があります。

少子高齢化という現在の日本の状況では、働く人が少なくなり病院を利用する人が多くなることを意味します。

つまりは、保険の財政を補充できる人が少なくなり、保険金を使う人が増えるという図式が出来上がるのです。

 

 

国民皆保険制度における財政的なデメリットはこのような背景から出てくると考えられますが、それ以外にも問題があると僕は考えています。

 

それは先に列挙した部分の後半の方、「気軽に受診しすぎ」「健康を人まかせにしすぎ」という部分のことです。

 

これは実際に僕が病院で働いていた頃の例を挙げればわかるのではないでしょうか。

それは病院での待合室でのこと。

何人かの患者さんが話をしていました。

山田さん(仮名):そういえばきょうは木村さん(仮名)の顔みらんね〜
佐藤さん(仮名):あ〜あの人はきょうは腰が痛いけん、迷惑かけちゃ悪いと思って来らんとよ
山田さん(仮名):ほ〜け。なら、はよ治るとよかよね〜

こんな感じの会話は日常茶飯事でした。

 

この方達はなんのために病院にきていると思いますか?

 

僕が思うに、1番の目的は世間話です。

世間話をしながら、自分の体がどれだけ病気があって大変なのかを自慢しているのです。

そして医師にも看護師にも同じように病気自慢をして、自分がどれだけつらいかを一生懸命かたります。

 

最終的には、湿布薬を大量に処方してもらって満足げに帰っていくのです。

ほとんどは1割を負担するだけで。

 

気軽に医療を受けれれるということは、このような日常を生むことでもあると思うんですよね。

特に慢性的に痛みを抱えているような方々に対する数々の医療的な処方は、効果があるのかどうなのか不明です。

 

ここでいう効果というのは、治っているのかいないかが不明だということです。

 

少なくとも、骨折した患者の骨を接合する手術をすれば、「骨がくっつく」という意味で治ります。

少なくとも、出血した部位を縫合などで止血すれば、「血管が修復される」という意味で治ります。

 

でも、痛い部分に湿布を貼ったら治ると思いますか?

もし治るなら、その部分に湿布を貼ることはもうありません。

しかしいつまでも、いつまでも、湿布を貼り続けるんです。

 

これって痛みをごまかしているためのまやかしだと思いませんか?

これって、苦しみから逃れるために使う一時的な快楽を追求しているあのクスリと同じだと思いませんか?

そもそも簡単に痛みから逃れたら、本当に悪い部分はどんどん悪くなっていくかもしれないですよね?

 

 

そういうことに軽々しく医療保険を使っていることにとても違和感を感じるんですよね。

そういう感じで医療を使っていたら、自分でなんとかして直そう、というような意識すらなくなってくるのではないでしょうか?

 

それならば、国民皆保険制度そのものを廃止した時の世の中はどうなるのか、完全独断で予想してみましょう。

 

 

国民皆保険制度のない世の中を予測する

国民皆保険制度がない世の中は、公的ではなく民間の医療保険に入らなければいけない世の中です。または保険そのものを使わずに、かかった医療費を全額自分で負担する必要のある世の中です。

 

民間の保険に加入する場合、民間保険会社が認めた医療行為以外に保険がおりることはありません。

現状でいえば、何らかの事故でケガをした、生活習慣病(ガン、脳卒中、心臓病)になった、というような病名によるものがメインでしょうか?

 

海外ではそこらへんに関してはバリエーションが充実しているようですね。

いつか話題になったある大統領が推し進めていたTTPでは、海外の医療保険をバンバン日本に輸出したがっていたようですし。

 

こうなったら、その民間の医療保険に加入していなければ、病院受診のたびに高額な出費を迫られることになります。

 

これは全額自己負担と同じです。

カゼで病院にかかったらそのたんびに3000円払わなければいけないし、湿布をもらいに行ったら、そのたんびに1万円以上支払わなければいけないんです。

 

であるならば、自分で治せるものは治そうという意識が働くのではないでしょうか?

 

カゼなら基本的に水分補給をして寝ていれば治ります。

湿布を使うような痛みなら、適切なカイロや整体を受ければ根本的に治る方向に誘導してくれます。

糖尿病予備軍なら、適切な食事管理をすれば、健康的な生活を取り戻すことができます。

 

病院に行ってクスリを処方してもらわなくても、自分で健康管理をすることはある程度できるんです。

自分の健康は自分で面倒を見る、という意識が根底にある世の中の方が、現代医療に頼り切っている世の中よりも健康になるような気がします。

 

その反面、気をつけていても健康を害することもあります。

たとえば救急的に命に関わるような部分です。

 

この場合は、現代医療の威力に頼らざるを得ない時もありますよね。

つまり、病院を必要とするときというのは、慢性的な症状を緩和するためではなく、急性的に命に関わるような時だということになります。

 

この部分で保険適用がない世の中では、多くの患者の命が危険にさらされることになるでしょう。

 

もっとも、事故に遭わないように気をつけるとか、慢性的な病気にならないように気をつけるということはある程度できるかもしれませんが、それでも安易が起きるかわからないのがこの世界です。

 

ということは、急性で、多量の出血や、意識障害や、呼吸障害というものがあるとか、慢性で、そのケアをしなければ命に危険がある(たとえば人工透析)のようなものだけに保険が認められるようになっていればいいのではないか、ともいえるわけです。

 

 

まとめ

ここまで、健康保険の経済的なデメリットと、健康的なデメリットという視点で解説してきました。

 

国民皆保険制度のない世の中は、すべての国民が安易に現代医療を受けられるというメリットもありますが、そのために自分の健康を現代医療に頼り切っているというデメリットもあります。

 

この際、国民皆保険制度が廃止された世界を想像してみることで、あらたな世の中のあり方というものが見えてくるような気がします。