どうも。 HIROです。
ちょっと視点を変えた栄養のお話です。

 

現代の栄養学は正しい?

ボクたちが日頃慣れ親しんでいる栄養学とは

  • たんぱく質
  • 脂質
  • 糖質

の3大栄養素やこれに

  • ビタミン
  • ミネラル

が加わった5大栄養素、
さらには食物繊維も加えた6大栄養素を
バランスよく食べましょう

というのが現代に広まっている栄養学の基礎です。

バランスよく食べる

というのはもちろん大切ですが、
どれが「いいバランス」なのか

という主張がいろいろあって困ります。

調べていけば、

  • スポンサーのオススメ
  • 政府間での密約
  • 業界からの圧力

なんていうものが
背後にあったりします。

 

酵素栄養学とは

酵素栄養学
というのをご存知でしょうか?

ウィキ先生によると

酵素栄養学(こうそえいようがく、enzyme nutrition)とは、酵素が重要な栄養素だとみなす理論である。エドワード・ハウエル1946年に専門書[1]を、1980年と1985年に一般向けの著書を出版して知られるようになった。生の食品の摂取を推奨しており、ローフーディズムの主要な根拠のひとつとなっている。

ということらしいです。

この説には賛否あります。
実際に酵素を意識した生活をしている経験者として、
ひとつの情報を提示するという意味で、
エドワード・ハウエルの理論をベースに記載していきます。

 

酵素の種類

酵素はおおきく、
消化酵素、代謝酵素、食物酵素というものがあります。

  • 消化酵素:食べたものを消化するための酵素
  • 代謝酵素:消化されたものがエネルギー源となるために変化させるための酵素
  • 食物酵素:食べ物そのものに含まれている酵素

ボクたちの体内では、
酵素が作られています。
おおもとの潜在酵素から、消化酵素と代謝酵素がつくられます。

そしてその潜在酵素は有限で、
その数は個人の遺伝子レベルで決まる、
といわれています。

つまり、体内にある酵素は、
人によって差はあるけれど
無限には存在しない
ということです。

なので
食べ過ぎて消化酵素を大量に使うと
代謝酵素が相対的に減って
エネルギーの元を作りにくくなっていきます。

そこで目をつけるのが
食物酵素
ということです。

 

食物酵素で体内酵素の節約を

人の寿命は潜在酵素の量で決まる

とハウエルさんはいっています。

逆に言えば、
体内酵素が続く限り生きていられる。

極論ではありますが、
食物からいかに有効に酵素を取り入れるか
が重要なことになってくるわけです。

消化酵素の豊富な食べ物は
消化されやすいために
体内の消化酵素が効率よく働けるんですね。

では何を摂取するか?
になりますが、
基本的に生の野菜や発酵食品、
発芽したスプラウトに豊富に含まれています。

ボク的におススメしないのが
サプリや◯◯飲料です。

酵素は熱が加わると
その効果はほとんどなくなります。

これらのものは、
製品を作る工程で
熱が加わっている可能性があります。

さらには、
原料にどのようなものが使われているか、
日本の法律上、明記が免除されているものもあります。

ボクはそれを知る前は、
野菜不足を補うために
野菜ジュースを買い込んでは飲んでいました。

できるだけ食物繊維の多いものを選んで。汗

せっかくなので
安全なものを摂りたいですよね。

 

酵素の上手な摂りかた

生野菜や発酵食品、発芽したスプラウトに、
消化酵素はたくさん含まれていると書きました。

これらをじょうずに摂るには

  • 新鮮な状態で熱を加えずにたべる
  • ビタミン、ミネラルと一緒に摂る
  • ジュースなども効果的

熱を加えないので、
体が冷えすぎないように気をつけましょうね。

ちなみにボクの場合ですが、
朝食代わりに
しぼりたての自分で作った野菜ジュースを飲んでいました。

健康法のひとつとして、
朝は

  • 排泄をメインにもってくる
  • 消化に体力を使わない

という理由で
ほとんど食べません。
ここらへんも、
よくいわれる
「朝はしっかり」
という教えとは真逆ですが…

その朝のジュースのひとときは
カラダの中にジュワーっとエネルギーがしみ渡る
至極のひと時なのです。

おいしいにんじんジュースについては
こちらで記事にしてます。
酵素たっぷりのおいしい作りたてのジュースが飲みたい

 

発酵食品にも含まれる消化酵素

日本の伝統食である、味噌や漬物。
とても強い味方です。

ただし、ヨーグルト。
これには賛否両論、両極端で
さすがに情報を絞りきれません。
今後、かならず記事として扱うので、
しばらくお待ちください。

推進派の多くは、
そのバックに広告があるのでなんともいえないんですよね。

わからないもので
他に代わりのあるものは
わざわざ摂る必要がない
というスタンスが必要かと思います。

ちなみに、ボクは
海外生活で味噌やぬか漬けが手に入らない時期は
積極的にヨーグルトを食べていました。

ところで、
酵素玄米
または
寝かし玄米
というのはご存知でしょうか?

玄米と小豆を一緒に炊き、
これをしばらく寝かせることで、
酵素たっぷりの主食完成!

という優れものです。

とってもおいしいので、
今度レシピを紹介しますね。