HIROです。

何回かに分けて、アブラの摂取関連のシリーズをお届けしていますが、
今回は必須脂肪酸のホントのところというテーマで解説していきます。

 

脂肪酸とは

アブラといわれているものは、脂肪酸とグリセリンでできています。というお話はこちらでもしています。
上手なアブラの摂取の仕方

脂肪酸は色々な分け方があるのですが、大きく

  • 飽和脂肪酸:炭素の二重結合がなく安定している
  • 不飽和脂肪酸:炭素の二重結合がひとつか多数

と分けられます。
*次の一覧でC+数字は炭素の数を表しています。

飽和脂肪酸

鎖の長いのから中くらい、一部長いのまであります。

  • 短鎖脂肪酸:C2-6;お酢(酢酸)、牛乳、乳製品、酪酸
  • 中鎖脂肪酸:C8-12;ココナツオイル、牛乳、乳製品、母乳
  • 長鎖脂肪酸:C14;ココナツオイル、パームオイル
  • 長鎖脂肪酸:C16;ラード、牛脂、バター
  • 長鎖脂肪酸:C18;ステアリン酸、豚肉、牛肉、牛脂、ラード(善玉コレステロール大)

不飽和脂肪酸

鎖の長い、長鎖脂肪酸のみです。

  • C18;オレイン酸、べにばな、キャノーラ、オリーブ
  • C18;リノール酸、コーン、大豆、サラダ、べにばな、ひまわり
  • C18;αリノレン酸、エゴマ、アマニ、キャノーラ
  • C18;γリノレン酸、ポラージ、月見草
  • C20;アラキドン酸、貝、えび、カニ
  • C20-22;EPA,DHA、青魚、えび、カニ

 

どうですか?

脂肪酸といってもこれだけいろんな種類があるんですね。

普段から使っているサラダ油や、健康にいいと考えてキャノーラ油にしようとか、どういうところに位置するかこうやって比べて見るのもいいかもしれませんね。

 

必須脂肪酸とは

脂肪酸の中で、僕たちが生きていく上で外部から摂取しなければいけないものを、必須脂肪酸といいます。

それは、

  • オメガ3:αリノレン酸(EPA,DHA)
  • オメガ6:リノール酸、(αリノレン酸、アラギドン酸)
  • オメガ9:オレイン酸

それぞれ、健康に関するいろいろな効果があるようなのですが、これの検証はなんとなくいまいち広告誘導のようで、あえて当ブログでは記載しません。

ただ、推奨される摂取割合は、オメガ6:オメガ3=4:1といわれています。

「な〜んだ、オメガ6はたくさん摂ればいいんだ」

と、思ったあなた、それでいいと思いますか?

実は、現在の日本人食生活では

この割合は4:1を大きく飛び越えて、10:1とかそれ以上になっているようです。

サラダ油を代表するオメガ6(リノール酸)を過剰に摂りすぎているんですね。

そこで出てきたのが前回のココナツオイル、そしていまやっと日の光が当たり始めてきたえごま油や亜麻仁油。

この辺についてはまた日を改めて話をしていきたいと思います。