セールスを阻む3つの壁とコピーライティングのスキル

HIROです。

アフィリエイトをしていると、セールスを阻む3つの壁の存在に気づきます。
それは「興味の壁」「信用の壁」「行動の壁」です。

今回はこれら3つの壁とコピーライティングについて説明していきます。

 

セールスの流れ

セースルの流れとして僕が一番重要視しているのがダイレクト・レスポンス・マーケティング(DRM)というものです。
DRMは見込み客や購入してくれたお客さまと友好な関係を築いていきながら、ビジネスを成長させて行く考え方です。

参考記事:DRMについて

 

DRMでは、セールスに至るまで

  1. 集客
  2. 教育
  3. 販売

という流れをつくっていきます。

 

しかし、それぞれのステップにおいて、いろいろな壁があり、それを乗り越えないと先に進むことができなくなります。

逆にいえば、DRMだけでなくひとつのセールスレターの中でもこれらの壁を乗り越えることを意識していくことで、あなたのビジネスの効果は上がってきます。

セールスを阻む3つの壁

その壁というのは次の3つです。

  • 興味の壁
  • 信用の壁
  • 行動の壁

それぞれについてアフィリエイトを例にして説明していきますね。

 

 

興味の壁

アフィリエイトで商品を紹介するにあたって、まず、ウエブ上にある数多くのページ中から、その紹介ページの存在を知ってもらわなければ先に進みませんよね。

そのための段階を集客といい、見込み客の集め方にはいろいろなノウハウがあります。
DRMでいえば、メールアドレスを登録してもらったり、教育用のブログのトップページを訪問してもらったりすることです。

どんなノウハウであったとしても、まず大事なのは、

  • そのページを訪問してくれた人が
  • そのページに興味を持ってくれること

ですよね。

そのページを訪問するきっかけというのは、読者さんがそのページのタイトルをみて興味が湧いたからに他なりません。

でも、タイトルを見てそのページにたどり着いた読者さんが、ページのはじめの方を読んで興味なければ即刻離脱してしまいます。

 

タイトルで興味を引き

ページのはじめで興味を引き

最後まで興味を引いていけば

次のページも開いてくれます。

 

これらの壁を乗り越えるために、コピーライティングではさまざまなスキルを駆使しているわけです。

 

信用の壁

読者さんに興味を持ってもらったら次は、アフィリエイト商品に関する情報をどんどん提供していくステップになります。

でもたとえば、ダイエットサプリを紹介するとして

  • この商品の特徴は〇〇です
  • こんなメリットがありますよ
  • とてもいい商品です

というような言葉を並べても、「ホントに?」と疑いたくなるのが世間一般の心理です。

これが、

  • 実際に使って見た感想
  • 購入者の生の声
  • 権威ある人が示す参考データ

などなど根拠を示すことで信用度はかなり上がりますよね。

 

そういうデータがなくても、あなたの書いている記事がどれもこれも有料級の価値ある情報だったとすれば、あなた自身への信用度が上がってきます。
つまり、徹底的に価値を与え続けることで、あなたが言うことだから信用する、というように読者さんの心理は変化してきます。

 

この部分ていうのは、実は情報発信してアフィリエイトすることのキモなんですよね。
DRMでは集客も販売ももちろん大事ですが、アフィリエイト初心者が一番力を入れるべきところは、価値ある情報を発信し続けることなんです。

 

その情報発信はSEO対策にもなって集客につながってきます。
その情報が信用されると、アフィリエイト商品も信用されてきます。

だからこそ、信用の壁を乗り越えることに精一杯の力を注いだ方がいいと思います。

 

行動の壁

やっと販売ページへリンクする最終段階にやってきました。

僕の例でいえば、アフィリエイト商品のレビュー記事ですね。
たとえば、コピーライティングのオススメ教材

 

このページでは、アフィリエイトする商品の具体的な特徴が書いてあります。
しかしもしも、その商品の販売ページへのリンクがなければ、単なる紹介だけで終わってしまいますよね。

読者さんからすれば、「ふーん。商品についてはよくわかったけど、で、どうすればいいの?」
の状態では、行動に移す気持ちがなくなってしまいます。

 

やっぱり、ちゃんとていねいに、

  • こちらをクリックしてください
  • このページから購入してください
  • このボタンをクリックしてください

のように書いていないと行動してもらえないんです。

 

そしてできれば、今すぐ行動する理由があった方がいいです。あとでまた考えようという読者さんの場合、またそのページに戻ってくれる保証はないんです。

商品にもよりますが、

  • 期間限定
  • 今購入することのメリット
  • 今購入しないことのデメリット

というような文章が提示されていると、行動しやすくなってくるものです。

 

 

まとめ

セールスにおける3つの壁というものをアフィリエイトを例にして解説しました。

「興味の壁」「信用の壁」「行動の壁」というものがありますが、僕のような情報発信をしてアフィリエイトにつなげる場合、特に信用されることを常に意識しながら記事を書いていくことが重要だと思います。

それによって他のふたつの壁へも影響してくるからです。

 

ネットビジネス初心者向けの記事はこちら

アフィリエイトにオススメ記事はこちら