HIROです。

宇崎恵吾氏のミリオンライティングに関する記事を書いていきます。

 

副業でネットビジネスをするとひとことでいってもいろいろなビジネスのジャンルがありますよね。その中でも僕は、ブログなどで情報発信をしていきながら情報商材(◯◯の方法といったノウハウ)のアフィリエイトを読者さんにはおススメしています。

参考記事 ネットビジネスでオススメはアフィリエイト

 

そのときにやっぱり必要になってくるのが、商品を紹介するための文章を書くスキルです。

なんとなくブログで
「Aという商品はいいですよ〜。だから買ってくださいね」
と書いていてもだれも見ず知らずの人がススメたものを購入しようと思いますか?

これって結構見落としがちなところなんですけど、ネットの世界ではこれでも売れるという思いを抱く人がいます。

でも、あなたが街を歩いていて、見ず知らずの人がいきなり
「Aという商品はいいですよ〜。だから買ってくださいね」
と言い寄ってきたら購入しませんよね。

ネットでも街角でも、商品を購入するのは人間です。人間の心理をわかっていないと商品を紹介しても買ってもらえないんです。

 

そこで、商品を紹介するための文章を書くスキルが必要になってきます。
このスキルのことをコピーライティングといいます。

 

 

コピーライティングは特殊な才能か?

コピーライティングと聞けば特殊な才能が必要だと思うでしょうか?
確かに、コピーライターという職業は、広告やコピーを作ることでお金を稼ぐことができる仕事です。

有名な英会話スクールのコピーに
「英語を話せると10億人と話せる」
というのがあります。

このようなコピーを考えることができるのは特殊な才能が必要なのでしょうか?
なんとなく誰でも思いつきそうな文章だと思いませんか?

そうなんです。
コピーライティングというのは、奇抜な文章やストーリーを編み出す小説家のような才能は必要ないんです。

誰でも思いつきそうな文章でわかりやすくイメージできる文章を考えだすのがコピーライティングなんです。

 

 

才能ではなくテクニック

コピーライティングはテクニックです。
からっぽの頭からしぼり出すものではありません。

どうやったら商品を購入してもらえるのか

これを徹底的に追求していくと、お客さんの購買心理をいかに刺激するかということに行き着きます。人間の心理を知り、動かしていくテクニックになるのです。

 

コピーライティングのテクニックさえ学ぶことができれば、あなたが紹介した商品をお客さまが手に取ってもらえるようになってきます。

 

 

アフィリエイトとの相性

そしてネットビジネスの世界では、コピーライティングはだれでも手を出しやすくなりました。ひと昔前のテレビコマーシャル全盛期とは違い、短時間で商品をアピールする必要はありません。長い文章であっても、興味を引くものであれば読み進めてもらえるんです。

情報発信しながらアフィリエイトしていくことの相性はバツグンだと思いませんか?

 

 

コピーライティングを学ぶには

本屋さんに行けばコピーライティング関係の参考書はたくさんあるでしょう。それこそ、情報商材のなかには、コピーライティング講座のようなノウハウ塾が結構高額で販売していたりします。

どれを手にしてみてもいいのですが、かなりお手ごろ値段で、なおかつ値段に比べて内容がとんでもなく濃い教材もあります。

よければ参考にしてください。

宇崎恵吾氏のミリオンライティングという教材です。

オススメなコピーライティング教材

 

ネットビジネス初心者向けの記事はこちら

アフィリエイトにオススメ記事はこちら