アフィリエイトで必要な「やる気」を引き出すコツ

HIROです。

情報発信アフィリエイトを進めているとき、壁にぶつかったことはありませんか?

読者のためになるような良質の記事を書き続けなければいけないのに、どうも気持ちが乗らない。ついつい趣味やネットサーフィンで時間を潰してしまって1日が終わる。

その気持ちはよ〜くわかります。

今回はそんなあなた(僕も含め)のために、やる気を引き出すコツについてお話ししてみようと思います。

 

やる気がなくなる原因

そもそもマインドがたるんでる!

というお話は今回のテーマではありません。

もっと違う視点で考えてみましょう。

 

やる気がなくなる原因にはいろいろありますが、
やることが多すぎる
ことも大きな原因となっています。

つまり、やりたいことがたくさんありすぎて、アップアップになりしまいにはやる気がなくってしまう、アレです。

 

ならば、やること、やりたいこと、の優先順位をつけちゃえばいいじゃん。
いわゆる、タスクリストとかスケジュール管理とかいうやつですよね。

でもこのタスクリスト、やみくもにつけても仕事が増えるだけです。

仕事を減らすタスクリストがあるのです。

 

それが時間管理マトリクスというものです。

 

時間管理マトリクスとは

時間管理マトリクスとは、7つの習慣(アマゾンリンク)で紹介されたタスクリストのつけかたです。

これによると、タスクリストを

  • 緊急性
  • 重要性

の二つの視点で分類していくことになります。

緊急性高い

重要度高い

すぐやらないと大きな損失が生じるもの

(トラブルへの対処など)

緊急性低い

重要度高い

自分の未来につながる自己投資

(勉強など)

緊急性高い

重要度低い

損失は小さいがやらなければいけないもの

(家事など)

緊急性低い

重要度低い

楽しみ、満足感を満たすだけのもの

(趣味、あそびなど)

 

 

タスクリストを書き出す

このマトリクスを使って、翌日のやるべきことを書き出します。

カンタンな例をあげれば

  1. ご飯をつくる
  2. 洗濯をする
  3. 掃除をする
  4. 映画を観る
  5. 記事の構想を練る
  6. アイデアを絞る
  7. お客さまの対応をする
  8. 問い合わせに回答する
  9. ビデオを返却する
  10. フェイスブックをチェックする

というようなタスクリストがあったとします。

これを、緊急性や重要度で分類していくのです。

緊急性はわかりやすいですが、重要度分類のコツとしては、
他人にまかせてもいいかどうか
を目安にするといいと思います。

 

それぞれ分類してみましょう。

 

緊急かつ重要なもの

お客さま対応やお問い合わせに対する回答はこのコーナーに入るでしょう。すぐに対応しないと大きな損失につながりかねませんよね。

緊急かつ重要でない

ビデオ返却、家事関係などは、あなたでなくても代理でできる可能性があります。家族や友人、または、誰かを雇ってでも対応できますよね。

緊急でないが重要

アイデアを練る、記事の構想を考えるということは、今後のビジネスに関わる重要なことなのであなたがすべきタスクです。でも、「今すぐに」でなくても構わない場合もありますよね。

緊急でも重要でもない

映画を観る、フェイスブックをチェックなどがこの項目に入ります。上記3つの項目が終了しない限り、ここにたどり着くことはできません(;_;)

 

もちろん、この分類には個人差があるので、これが正解というわけではないですよ。

 

やるべきことを仕分ける

ここまで分類できれば、

あとは明日、最低限やらなければいけないことを決めるだけですよね。

そうしたら、趣味に費やす時間は、一番後回しになってきます。

つまり、重要な順で言えば

  1. 重要かつ緊急
  2. 緊急かつ重要でない
  3. 重要だけど緊急でない
  4. 重要でも緊急でもない

となります。

ゆっくり趣味に没頭したければ、やるべきことをしっかり終わらせましょうね。

 

スケジュール管理は前日に

この内容を実行するのには、前日のスケジュール管理というのが理想です。

朝起きてから、今日なにしようかなぁ

では1日が無駄になってきます。

 

前の日からここまで分類しておくと、朝起きてからの時間を有効に使えます。

 

まずは、毎日の習慣にしてはどうでしょうか?

 

ネットビジネス初心者向けの記事はこちら

アフィリエイトにオススメ記事はこちら